ペッテルとロッタのぼうけん

出版社:  福音館書店,   2001年発行

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵1 (3匹の子猫), 1929年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵2 (3匹の子猫を生んだ猫のエスメラルダ), 1929年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵3 (子猫を抱いてあおおじさんの所に行くペッテルとロッタ), 1929年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵4 (市場に行くあおおじさんたちを見送るペッテルとロッタ), 1929年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵5 (クリスティンおばさんの戸口に子猫を置くペッテルとロッタ), 1929年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵6 (犬のプリックをなだめるペッテルとロッタ), 1929年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵7 (荷車に乗って眠るペッテルとロッタ), 1929年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵8 (風車小屋で子供と犬に出会うペッテルとロッタと犬のプリック), 1929年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵9 (森の中で煙突掃除屋さんに出会うペッテルとロッタ), 1929年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵10 (ハンノキのかげに隠れる裸のペッテルとロッタ), 1929年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵11 (服を盗られて泣いているペッテルとロッタと木こりのおじさん), 1929年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵12 (子牛を売りに市に行くおじさんとについていくペッテルとロッタ), 1929年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵13 (メリーゴーランドに乗っているあおおじさんとおばさんたちを見つけて隠れるペッテルとロッタ), 1929年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵14 (サーカスのクマに乗せられるペッテルとロッタ), 1929年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵15 (おばさんたちに怒られながら家に帰るペッテルとロッタ), 1929年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵16 (メリーゴーランドに乗るペッテルとロッタ), 1929年



  • この画集の満足度は星いくつ?     
  • (Total: 3)
  • public domain mark
  • これらの作品画像は、環太平洋パートナーシップ協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者の没後50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。
  • frag of japan
画像の利用について
・上記画像をクリックすると出てくるポップアップの「600dpi ダウンロード」から画像がダウンロードできます。

・ダウンロードした画像は、フリー素材として商用・非商用問わずに利用することが可能です。

・改変(加工)・再配布(二次配布)・トレースなども可能です。

・ただし、画家・イラストレーターの名誉を毀損するような利用は、訴えを起こされる可能性があります。

・国によって著作権の保護期間が違う為、日本以外の国ではパブリックドメインでない場合があります。


レビュー・雑感など
1929年に初版が発行された、エルサ・ベスコフの絵本「3人のおばさんシリーズ」の1冊「ペッテルとロッタのぼうけん」の復刻日本語版です。 「3人のおばさんシリーズ」は、かなり高い値段が付けられているものがありますが、これは最も安く手に入れやすい絵本です。 ネットで見る海外版と比べると随分色落ちして、ぼけているような感じがします。 エルサ・ベスコフの作品は挿絵目的なら海外版の方がいいのかもしれない。
私のお気に入りランキングとしては、3位「挿絵4 」、やけに馬車がかっこいい。窓から犬が覗いているのもカワイイ。2位「挿絵7」、ほのぼのとした田舎の風景。ペッテルとロッタが寝てしまうのも無理ない。1位「挿絵16」、見ているだけでワクワクして楽しい気分になる。
私個人のこの画集の満足度は、星3つです。