どんぐりぼうやのぼうけん

出版社:  童話館出版,   1997年発行

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵1 (どんぐりぼうやのオッケとピレルリと木の上の家), 1939年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵2 (洗濯物の上に落ちる葉に乗ったオッケとピレルリ), 1939年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵3 (罰として洗濯物を届けるどんぐりぼうやのオッケとピレルリ), 1939年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵4 (どんぐりぼうやを呼ぶお母さんと訪ねて来たはじばみ夫人), 1939年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵5 (どんぐりぼうやのお母さんと部屋を借りに来たリスのスバンス氏), 1939年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵6 (かささぎにどんぐりぼうやを見たか聞く、リスのスバンス氏とヌッタ), 1939年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵7 (きのこの家から出てくる小人のおじいさんとヌッタ), 1939年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵8 (とげのある箒を持って怒っているトロルと怖がるヌッタ), 1939年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵9 (小人に変装したどんぐりぼうやとヌッタを案内したとかげ), 1939年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵10 (葉っぱの筏に乗って帰ろうと提案するどんぐりぼうや), 1939年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵11 (筏に乗ったどんぐりぼうやたちと実を投げるマロニエの子供たち), 1939年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵12 (ヌッタとどんぐりぼうや見つけるリスのスバンス氏), 1939年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵13 (どんぐりぼうやを連れて帰るリスのスバンス氏とヌッタ), 1939年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵14 (引越しするリスのスバンス氏の一家), 1939年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵15 (パーティーを楽しむ森の住人), 1939年



  • この画集の満足度は星いくつ?     
  • (Total: 5)
  • public domain mark
  • これらの作品画像は、環太平洋パートナーシップ協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者の没後50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。
  • frag of japan
画像の利用について
・上記画像をクリックすると出てくるポップアップの「600dpi ダウンロード」から画像がダウンロードできます。

・ダウンロードした画像は、フリー素材として商用・非商用問わずに利用することが可能です。

・改変(加工)・再配布(二次配布)・トレースなども可能です。

・ただし、画家・イラストレーターの名誉を毀損するような利用は、訴えを起こされる可能性があります。

・国によって著作権の保護期間が違う為、日本以外の国ではパブリックドメインでない場合があります。


レビュー・雑感など
第二回目の作品は、絵本界では有名なスウェーデンの絵本作家エルザ・ベスコフの「どんぐりぼうやのぼうけん」です。 1939年に初めて出版されたものですが、今の絵本となんら変わらないクォリティ。 画質もなぜこれほどまでに綺麗なのか不思議なほど。 妖精たちとリスがかわいいのはもちろん、森の風景も良く描かれていて素晴らしい。 そんな絵本が500円以下で買えてしまうのもの魅力的。
私のお気に入りランキングとしては、3位「挿絵13」、2位「挿絵12」、1位「挿絵14」、リスの家族たちかわいすぎ!
私個人のこの画集の満足度は、星5つです。