ベルエポックの巴里展カタログ 1982

出版社:  アート・ライフ,   1982年発行

アルフォンス・ミュシャ (1860-1939)

ジスモンダ - ルネッサンス劇場, 1894年

アルフォンス・ミュシャ (1860-1939)

恋人たち - ルネッサンス劇場, 1895年

アルフォンス・ミュシャ (1860-1939)

百人展 - 第20回展覧会, 1896年

アルフォンス・ミュシャ (1860-1939)

ベネディクティン酒, 1896年

アルフォンス・ミュシャ (1860-1939)

トラピスティン酒, 1897年

アルフォンス・ミュシャ (1860-1939)

イアデル・ショコラ, 1897年

アルフォンス・ミュシャ (1860-1939)

ハムレット - サラ・ベルナール劇場, 1899年

アルフォンス・ミュシャ (1860-1939)

トスカ - サラ・ベルナール劇場, 1899年

アルフォンス・ミュシャ (1860-1939)

1900年パリ万国博覧会オーストリア館, 1900年

ウジェーヌ・グラッセ (1845-1917)

マルケのインク, 1892年

ウジェーヌ・グラッセ (1845-1917)

百人展, 1894年

ウジェーヌ・グラッセ (1845-1917)

4つ葉のクローバー印のジョルジュ・リシャールの自転車と自動車, 1897年

アンリ・ティリエ (1873-1946)

ピエールフォール - 版画とポスター, 1897年

ジャン・ペスケ (1870-1949)

版画とポスター ‐ 美術誌, 1898年

ジョルジュ・ド・フール (1868-1943)

パリ暦, 1894年

ポール・ベルトン (1872-1909)

リアーヌ・ド・プジー - フォリー・ベルジェール, 1896年

マニュエル・オラジ (1860-1934)

ロイ・フラー, 1900年

ジュール・シェレ (1836-1932)

テアトロフォン, 1890年

ジュール・シェレ (1836-1932)

ロシアの古き山々 - オランピア, 1892年

ジュール・シェレ (1836-1932)

ムーラン・ルージュ - ダンスホール, 1892年

ジュール・シェレ (1836-1932)

ジョブ - 巻き煙草紙, 1895年

ジュール・シェレ (1836-1932)

アイス・パレス - シャンゼリゼ, 1896年

ジュール・シェレ (1836-1932)

ロイ・フラー - フォリー・ベルジェール, 1897年

パル(ジャン・ド・パレオローグ) (1860-1942)

レイヨン・ドール, 1895年

ミスティ(フェルディナン・ミフリエ) (1865-1923)

メンソール入りパスティーユ酒, 1895年

ジョルジュ・ムニエ (1869-1942)

ロックス - 極上食前酒, 1895年

リュシアン・ルフェーブル (1850-1902)

マルト・コーヒー, 1892年

ジュール=アレクサンドル・グリューン (1868-1938)

レヴュー“ヤ・デュ・ランジュ” - ラ・シガル, 1904年

アルベール・ギョーム (1873-1942)

デュクレール - パリジアナ, 1894年

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック (1864-1901)

ラ・グリュ - ムーラン・ルージュ, 1891年

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック (1864-1901)

ディヴァン・ジャポネ, 1892年

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック (1864-1901)

『悦楽の女王』 ヴィクトル・ジョーズ著, 1892年

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック (1864-1901)

アリスティド・ブリュアン - エルドラド, 1892年

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック (1864-1901)

ラ・ルヴュ・ブランシュ誌, 1895年

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック (1864-1901)

百人展, 1896年

モーリス・ドニ (1870-1943)

トゥールーズ・デペッシュ紙, 1895年

テオフィル・アレクサンドル・スタンラン (1859-1923)

モテュとドリア(第3段階), 1893年

テオフィル・アレクサンドル・スタンラン (1859-1923)

ヴァンジャンヌの牛乳, 1894年

テオフィル・アレクサンドル・スタンラン (1859-1923)

ルドルフ・サリの黒猫の巡業, 1896年

リュシアン・メティヴェ (1863-1932)

レヴュー“パリ・シュール・セーヌ” - アテネ=コミック劇場

アドルフ・レオン・ウィレット (1857-1926)

貧血用のブラヴェの鉄剤, 1892年



  • この画集の満足度は星いくつ?     
  • (Total: 8)
  • public domain mark
  • これらの作品画像は、環太平洋パートナーシップ協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者の没後50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。
  • frag of japan
画像の利用について
・上記画像をクリックすると出てくるポップアップの「600dpi ダウンロード」から画像がダウンロードできます。

・ダウンロードした画像は、フリー素材として商用・非商用問わずに利用することが可能です。

・改変(加工)・再配布(二次配布)・トレースなども可能です。

・ただし、画家・イラストレーターの名誉を毀損するような利用は、訴えを起こされる可能性があります。

・国によって著作権の保護期間が違う為、日本以外の国ではパブリックドメインでない場合があります。


レビュー・雑感など
1982年に、新宿・伊勢丹美術館と京都四条・高島屋で行われたベルエポックの巴里展の図録になります。 ミュシャやロートレック、スタンランなどの有名な画家の作品は、他の画集などで見ることが可能ですが、 この図録には、ネット検索しても名前すら出て来ないようなマイナー画家の作品が掲載されており、非常に貴重です。 当時のフランスでこのクオリティの広告ポスターが街中にあったことが信じられない。 私が生きていたら、間違いなくコレクターになっていただろう。 残念なのは、傷みがあったり、紙そのものが変色してしまっているところ。
私のお気に入りランキングとしては、3位「レヴュー“ヤ・デュ・ランジュ” - ラ・シガル」。2位「ロシアの古き山々 - オランピア」、躍動感が素晴らしい。1位「マルケのインク」、何を書こうか考え込んでいる表情がいい!
私個人のこの画集の満足度は、星3つです。