おりこうなアニカ

出版社:  福音館書店,   1985年発行

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵1 (自分で服を着たり、顔を洗ったり、お手伝いするアニカ), 1941年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵2 (パンの生地をこねながら、娘のアニカに牛を見るようにお願いするお母さん), 1941年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵3 (大きな犬に出会うアニカ), 1941年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵4 (ほらふきウッレに出会うアニカ), 1941年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵5 (牧場の鍵を開けようとするアニカと通りかかったおじいさん), 1941年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵6 (牛のマイロスと砂遊びしているアニカ), 1941年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵7 (逃げ出した牛のマイロスの尻尾を引っ張るアニカ), 1941年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵8 (丸太を取ろうとするアニカと取らさないように引っ張る小人のお父さん), 1941年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵9 (アニカにバケツを貸してと頼む小人のお母さん), 1941年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵10 (小人の家に招待されるアニカ), 1941年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵11 (家に帰る途中で再びウッレに出会うアニカとお母さん), 1941年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵12 (うさぎにニンジンを与えるアニカと大きな犬), 1941年



  • この画集の満足度は星いくつ?     
  • (Total: 5)
  • public domain mark
  • これらの作品画像は、環太平洋パートナーシップ協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者の没後50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。
  • frag of japan
画像の利用について
・上記画像をクリックすると出てくるポップアップの「600dpi ダウンロード」から画像がダウンロードできます。

・ダウンロードした画像は、フリー素材として商用・非商用問わずに利用することが可能です。

・改変(加工)・再配布(二次配布)・トレースなども可能です。

・ただし、画家・イラストレーターの名誉を毀損するような利用は、訴えを起こされる可能性があります。

・国によって著作権の保護期間が違う為、日本以外の国ではパブリックドメインでない場合があります。


レビュー・雑感など
今回もスウェーデンの作家エルサ・ベスコフの絵本「おりこうなアニカ」です。 中古だと500円もしない価格で手に入る絵本です。 牧場の柵が壊れているので、牛の見張りをする女の子のお話です。 登場する女の子がかわいく、また全体的に優しい色彩なので、 絵を見ているだけでほっこりします。女の子より大きな犬や牛は、一見すると怖く見えてしまうのですが、女の子と仲が良い事から優しさがよく伝わります。
私のお気に入りランキングとしては、3位「挿絵12」。2位「挿絵6」。1位「挿絵7」です。やはりベスコフの描く動物は素晴らしい。
私個人のこの画集の満足度は、星5つです。