もりのこびとたち

出版社:  福音館書店,   1981年発行

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵1 (深い森の奥の松の木の根本に住む森の小人たち), 1910年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵2 (子リスと遊ぶ森の小人の子供たち), 1910年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵3 (カエルやコウモリたちと遊ぶ森の小人の子供たち), 1910年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵4 (松かさの鎧を着て蛇と戦う森の小人のお父さん), 1910年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵5 (アリと戦って負ける森の小人の男の子たち), 1910年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵6 (顔を出して森の小人の子供たちを驚かすトロル), 1910年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵7 (食べ物を集める森の小人の家族たち), 1910年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵8 (糸や布を作るためにワタスゲの実を集める森の小人の子供たち), 1910年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵9 (妖精たちとシーソーで遊ぶ森の小人の子供たち), 1910年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵10 (子供たちをふくろうの学校に入れてもらうようお願いする森の小人のお母さん), 1910年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵11 (ふくろう先生のお話を聞く森の小人の子供たちと動物たち), 1910年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵12 (冬支度する森の小人の家族たち), 1910年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵13 (ウサギのそりに乗る森の小人の子供たち), 1910年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵14 (火の側で子供たちに話をする森の小人のお父さん), 1910年

エルサ・ベスコフ (1874-1953)

挿絵15 (春になって小川でダムを作る森の小人の子供たち), 1910年



  • この画集の満足度は星いくつ?     
  • (Total: 5)
  • public domain mark
  • これらの作品画像は、環太平洋パートナーシップ協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者の没後50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。
  • frag of japan
画像の利用について
・上記画像をクリックすると出てくるポップアップの「600dpi ダウンロード」から画像がダウンロードできます。

・ダウンロードした画像は、フリー素材として商用・非商用問わずに利用することが可能です。

・改変(加工)・再配布(二次配布)・トレースなども可能です。

・ただし、画家・イラストレーターの名誉を毀損するような利用は、訴えを起こされる可能性があります。

・国によって著作権の保護期間が違う為、日本以外の国ではパブリックドメインでない場合があります。


レビュー・雑感など
1910年に初めて出版されたスウェーデンの作家エルサ・ベスコフの絵本「もりのこびとたち」です。 「森」、「小人」、「動物」が揃えば面白くないはずがありません。 おそらくベスコフの作品の中でも1.2を争う人気作品です。 素晴らしい挿絵だらけなのですが、残念なことに画質がぼんやりしています。 インターネットで英語版の画像を見ると、はっきりくっきりしていて発色もいいです。 またチャンスがあれば英語版の方も買ってみようと思えるほど魅力的な挿絵です。
私のお気に入りランキングとしては、3位「挿絵3」、コウモリを見上げているカエルたちがかわいい。2位「挿絵11」、これだけ動物が揃えばすごいとしか言いようがない。1位「挿絵4」、松ぼっくりの鎧に身を包むおとうさんがかっこよすぎ!
私個人のこの画集の満足度は、星5つです。